October 2005

October 31, 2005

10/30(日) 明石家さんまライブを観て

今年もこの時が来た。
今年で12年目。
「今回もコントだけーネエ〜金曜日って何曜日?火曜かな?スペシャル」


さんま


















毎度の出演者です
ラサール石井
村上ショージ
松尾伴内
ジミー大西
内山信二(お兄さんも観にきていました)

最近はテレビを本当に見なくなったから、芸能界とかもどうでもよく、ほとんど興味ないのが現実なところ。

でも、東京千秋楽、夜公演。
オープニングで一時間。
毎度、毎度、やりたいことを、思いっ切りやるという感じ。
見ている人が、集中力が切れてしまうくらい、長い。
公演時間は、3時間半以上、今年の千秋楽は、開演が7時で、会場を出たのが、11時近く。

途中は休憩なし。
でも、ずっと、爆笑。
それがすごい。

あいうえお作文で、あんなに笑ったのは、初めて。

仲の良い6人、よく考えられて、練られている。
もう5年見に来ているが、こういう人が芸能界で一番であるのなら、もっと、自分もがんばらないと、と思います。


hasegawa_takeshi at 12:21|PermalinkComments(133)TrackBack(1) Clip to Evernote 演劇 | 生活

October 27, 2005

10/27(木) 図書館と本

元気がなくても、図書館に行くと、元気になる。
自分が新しいものを吸収できる気がする。

自分のやらなければいけないことが、明確にならなくなってしまう。
自分がどうすればいいのか、それをしっかり固めようとしなければいけないのだ。



一冊の手帳で夢は必ずかなう―なりたい自分になるシンプルな方法


この本を読んでそう思ったのだ。
やはり、この本はすごくいい。
何度読んでも元気になる。
自分でどうすればいいのか、考えさせるのだ。

祖母が入院。
もう、ごちゃごちゃしてきた。

hasegawa_takeshi at 10:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote  

October 26, 2005

10/26(水) 自分のブログを振り返って

自分のブログを振り返ってみた。
なんかとても暗い。

でも、実は、とても面白い。
自分が、あの時に、何を考えてみたか。

でも、自分で、こんなくらい人間と仲良くなりたくない。
そういう言い方をしていいのか分からないが。

本当に、自分で努力していないのが本当に分かるのだ。
何も成功していないのが、自分で分かってしまう。

毎日、何をしなければいけないのか、もっとがんばらないと。

これも、いつも書いているな〜と。



hasegawa_takeshi at 10:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Clip to Evernote 考えたこと 

October 24, 2005

10/24(日) 風回廊を観て

宇宙堂5周年公演。世田谷パブリックシアターにて。昼公演。

宇宙堂の公演は、大きな会場では眠くなる。
仕事後と言うこともあるが。
つまらなさではなく、理系の自分が一番欠けている、ファンタジーさがいっぱい。
そして、夢物語。
自分が脚本を作ったら、絶対に作れない作品。

なんといえばいいのか。
たとえれば、明日がお休みで、さあ、寝よう、として布団に入ったときの感じかな。
宇宙堂の公演は、そんな感じ。

だから、公演が終わったときに、何が残るかと言えば、それは人それぞれ違うのでしょう。
それぞれの人が、それぞれのメッセージを受け取って、元気にこれからも頑張ろう、と言う元気をもらうと思う。

気になったことは、台詞回しがはやいなと。
前回の公演でも思ったが、ストーリーについていけない。
いろいろ詰め込みすぎのような気がする。
言いたいこと、伝えたいことが。
自分も、研修などでプレゼンテーションするときに、以前によくあったこと。
でも、もう少し、ゆっくり喋ってくれればうれしいなと。

渡辺えり子さんの台詞回しが、初めて気付いたのだけれど、口をものすごく大きく開けて喋っているのだ。
ものすごく大きく。
あれは、これから見習わないと。

宇宙堂のDMでチケットをとったので、前から3列目。
なんというか、全体のステージを見るのがきつい。
映画館の指定席でもそうだが、ぜひ、真ん中より後ろを希望したい。

と言うのも、展開がつまらなくなる真ん中になると、面白い展開があるのだ。
宇宙堂の公演では。
今回の、ベニスでの、デカメロンは大爆笑。
前で観ると疲れてしまいます。

でも、とても元気いっぱいもらいました。
できれば、カーテンコールで、もっとえり子さんに喋ってほしかった。
感無量、とのことです。
こちらも楽しみにしていたのです。

風回廊1風回廊2

















公演後、お通夜に行く。
4人+Sで行くことに。
幸いにもTは元気で、それだけが、全員救われた。

その後に、みんなでジョナサンに。
楽しいおしゃべりであるが、仕事の話ばかり。
う〜ん、どうなんだろう。



hasegawa_takeshi at 10:46|PermalinkComments(3)TrackBack(0) Clip to Evernote 演劇 | 生活

October 23, 2005

10/23(土) アイロンと着るもの

明日が通夜ということで、喪服のアイロンがけ。

母親からは、クリーニングに出すように言われたのだが。
ここは何とか自分で処理しなければ。
しわくちゃの喪服、しわを伸ばさなければ。

自分を見つめなおす時間がないと、何をすればいいのか、自分がどうあるべきか考えなければいけないのに、それを先延ばししているのだ。
それでなんとなく忙しさの流れに身を任せてしまうのだ。

それは、はっきり、間違っているのだ。

やっとぽすれんで次のDVDに。



Story
全米歴代興行収入第5位、日本でも記録的ヒットを放ち、早くも第2弾の公開が2004年に決定したサム・ライミ監督による大ヒットVFXムービー。ピーターは大学の研究所を見学した際、遺伝子組み換えのクモに刺され、身体...(詳細こちら



Story
ビッグ・スター共演による犯罪サスペンス。ラスベガスの3大カジノの現金が集まる巨大金庫から1億6000万ドルを盗み出すべくプロが集結した…。監督は『トラフィック』のスティーブン・ソダーバーグ。...(詳細こちら


頑張って見ます。

最近ますます、携帯が邪魔になっている。
携帯でコミュニケーションをとるなんて不可能だ。



hasegawa_takeshi at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活