March 2006

March 31, 2006

3/31(金) う〜ん2

なんといっても、今日は後味が悪い。
やはり、朝。

自分はどのようにするべきなのか。
自分が何をすべきなのか。
それを一つ一つ考えてみた。

前も、後ろもないのだ。

夜、Aが帰ってくる。
かなりやつれてしまっている。
でも、元気そうで。

寝ていないみたいだが、サワーを1杯飲んで、みかんを食べて寝る。
よく本当に寝ていた。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活 | 考えたこと

March 29, 2006

3/29(水) う〜ん

想定外のことが起きてショック。
でも、それもいいかな、と思う。

すべてにおいて、ポジティブにいかないと。

しかも、熱っぽい。
何もする気にならず。
食欲もなく。

Aもいない。
かなり精神的に負担が大きい。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活 | 考えたこと

March 28, 2006

3/28(火) 自分の夢って

運命論者としては、運命ですべてが決まると思っているわけで。
イスラム教信者のように。
でも、運命というのは、放置と同じなんだ。

それをセルリアンタワーで考える。

そうしてみると、自分の夢は何なのだろうか。
本当に考えてしまった。
自分は、何がしたいのか。
何ができるのか。
それを成し遂げるための努力から逃げていることに気付く。
もっと頑張ろう、でなくて、やり遂げなければ。

夜に、送別会。
出ているメンバーが、ほぼ送別される人達で。
しかも、それで、送別される人と、送別する人で完全に分かれてしまっているのだ。
仕方ないものなのか。
でも、それぞれの旅立ちを祝いたいと思う。

さあ、次のステップです。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活 | 考えたこと

March 27, 2006

3/27(月) フェラーリマウスパッド

今日は、本当にやること、なすことがチグハグな感じに。
精神的に不安定だった。

そんな時、数日前に連絡があったSと飲む。
明日も飲むのだけれど、彼がイタリアに行ったお土産を頂くために。

集合は7時であったが、案の定終わったのは、12時。
二人でずっと語り合ってしまった。

途中で、というか、すぐにIも合流。
彼は、教師になる夢を持っている。
でも、それが無理であれば、マッサージ師を目指すという。
そのフットワークの軽さに驚く。
羨ましい。

結局、Sと二人でずっと語り合う形になってしまったが、久しぶりに語り合うという形になってしまった。
とても充実。

彼から、フェラーリのマウスパッド、バリで購入した煙草を頂く。
彼には、ZIPPOのオイルをプレゼント。

そして、明日は、かつての職場の送別会。
でも、送別される人の方が多い気が。

しかし、これほど就職活動が大変だと思わなかった。
でも、自分の今まで、これからを見つめることができたので良かった。
でも、精神的には良くない。

さあ、決断するべきか、もう少し考えていくべきか。

ROLLING STONESのナゴヤドームのチケットが、オークションで売れる。
如何に購入したときの精神的な乱れが垣間見られる。
でも、売れてよかった。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote  | 生活

March 26, 2006

3/26(日) お休み

昨日の夜は、日本酒を飲みながらウトウトしてしまっていて、結果的に爆睡。
その間、Aはそのままで、HDで録った番組(何だかも忘れてしまった)も終わったまま。
つまり、終わった画面で静止したまま、ずっと横で座っていたのです。

本当に最中は、怖い。
女の人は。

そういうわけで、今日はゆっくり寝ようと思ったが、朝にきちんと目が覚めてしまう。
そのまま、4時間くらいだらだらテレビを見る。
ボーとしながら。
その間、Aは爆睡。

テレビは、大橋巨泉が言うには、社会の下級層に人、暇な人、女子供が見るものという。
そのために作られているという。
言い過ぎとは思わない。
本当にそう思う。

そんな時に、Aのお婆様が亡くなる。
確実に時代は動いているのだ。

この一週間が、人生の岐路になることは確実。
そのとき、自分の決断力が問われる。

昨日読んだ本からのつながりで、下記のブログを見つける。
怒りブログ。
自分の怒りやすい特質を自分のものにしている。
これは、うらやましいと思うしかない。

恐らく、この人と自分は特質が似ていると思う。
最近は、怒ることはないが。
でも、怒る効用というのは他のどんな感情よりも分かりやすいから。
そして、疲れる。

だから、怒りっぽい人(≠キレやすい人)は、自分が怒るのは、「仕方ない」と思うのだ。
良くしようと思っているのだから、回りも理解してくれると。
でも、実際は、結構そうではないのだ。
そう、気付いたら、20歳代後半。

人には、いろいろな特性があるので、何がいいのかとは言えないが。
でも、この人が怒っている理由をブログを見ると、分かる気がする。
それは、論理なき、思考なき行動。
何故か、どうしてかと考えて、そして行動につなげる。
その欠如。

どうしたらいいのか、ずっと考えていたな。
自分も、周りも。

そんなことも考えつつ、すべての日記を読んでしまった。

今日はどこも出かけずに。
本当に充電。


hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(10) Clip to Evernote 生活 | 考えたこと