October 2006

October 31, 2006

10/31(火) 警察

空いている時間に図書館に行き、交通事故の過去の判例と一般常識について読み耽る。延べ30冊程。
こういう時は、頭にスムーズに入るのだ。

久しぶりに図書館のコピーを使う。
A4の用紙設定が縦になっているのに気づかず、損した気分。

代車が届く。
同じ型のビッツだが、恐ろしいほど性能が違うのだ。
パワーがすごい。
まだ、普通に運転するのが怖い。

何しろ、普通に運転して、前の車が止まったので、自分も止まったら、後ろから(ノンブレーキで)追突されたのだ。
無意識→自分が被害者→混乱
後部を信用できるはずがない。

と思いながら、たぶん自動車の持つ”利便さ”が勝ってしまって、慣れてしまう気がするのだ。
あ〜恐ろしい。

今日は首の右後頭部に張りと痛みを感じる。

警察に行って、診断書を渡す。
安田大サーカスのヒロ(デブッチョのほうです)に似た鑑識の人と話す。

こちら(東京都江戸川区や葛飾区、台東区など)で読売新聞を購読していると、毎月、チケットをもらえる。
ミュージカルの招待券から、スポーツ観戦、博物館、動物園、コンサートなど、100種類くらいあるのだが、先着順。
これで、「浅草演芸ホール」のチケットを頂き、落語の面白さに目覚めた。

「浅草演芸ホール」の招待券は、昼の部と夜の部に分かれているが、実際の「浅草演芸ホール」は昼夜の入れ替えがないのだ。
つまり、昼の部(11時40分から16時30分まで)に入った場合、夜の部(16時40分から21時まで)の最後までいられるのだ。

と言うことは、当然招待券は昼の部の招待券が人気になる。
今月は、ついに先着順に入れず、チケットをもらえず。(その代わり、東洋館のチケットをもらいました)

そのことを読売新聞の集金の方に伝えたら、来月から優先的にまわしてもらえることに。その他に欲しいチケットがあれば、それはそれで頂けるとのこと。

小さな喜びでしたが、うれしい。


Oさん、入院です。
ゆっくり休んでください。


hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活 

October 30, 2006

10/30(月) 10年(以上?)ぶり

オークションでipod nanoまがいの商品を購入。
4GBでラジオも受信できて12,000円。
いかにも中国製という感じだが、使用感は抜群。
とりあえず、これで使用感を試してみようと思います。

ラジオがものすごくクリアに入って感激。

購入の目的として、自分が気に入っているFMの深夜番組(4時間)を録音したいということ、それからWINNYで取得した映像と音楽を楽しみたいというこの2点。

どうなんでしょう。


今日、京葉病院に行って、診断書を作成してもらう。

病名: 頚椎捻挫 腰椎捻挫 外傷性頭痛

病院に本当に縁がなくて、10年以上前の高校時代の定期試験前に、かなりの風邪を引いて病院にお世話になって以来。
地元では結構大きな病院で、緊張。

何しろ、電子カルテには驚いた。

自分が変だな、と思った部分を全部伝えて、レントゲン、CRTを。あと、血圧測定。
レントゲンはテキパキと。
CRTは(おそらく)初体験。
音が怖くて、目を開けれず。

担当した医者との話の中で、それほど悪くはないので、という印象も。
首はかなり張っていて、腰が心なしか痛かったが、この腰に関してはヘルニアの可能性もあるとのこと。
つまり、今回の事故との関連性があまりないかも。
首に関しては、骨が少しずれているとのこと。

とにかく、説明がわかりやすかった。

病院は待ち時間が長いが、この待ち時間で、いろいろなことを考えれるし、いいのでは。
自惚れになるが、病院関係者への大いなる協力のおかげで、あっという間に診療が終わって、安心。
逆にはじめに自分より先に診察していた人が、診断室前で待っているわけだが、その人たちの冷たい目を横に、テキパキといろいろな部屋を移動。

待機時間2時間。
診察、レントゲンなどの時間15分

薬(おもに鎮痛剤・筋肉の緊張を解す薬など)と湿布を大量にもらう。

この一連の流れ、懐かしさが。

Aの自転車を待ち時間で自転車へ。
自転車との衝突事故で前輪がゆがんでいるの、交換。
金6000円なり。

その間に、加害者との保険担当者、述べ3人(体、全損の車の対処、保障担当)、更に自分の保険担当者と電話。

どちらにしても、当方の車は全損で修理は不可能。
そのため、補償は、当方の車の、現在の市場価格になって、目減りしてしまうのである。
修理ですむのであれば、修理代が負担してもらえるが、修理代が現在の市場価格を比べたときに、安いほうを保険会社が負担するため、全損の場合、元通りにはできない、つまり、新たに車を購入するには、こちらで負担額が大きく発生してしまうのだ。
なんかおかしくないかい。
でも、自分が加害者側、保険会社側として考えると、仕方ないと思ってしまうのだ。

そのため、加害者との保険担当者に、追加負担をしてもらうことを話する。詳細は下記。

夜に加害者と電話。
保険による弁償のほかに、新たに車を購入する際の本体価格以外の必要経費、つまりこのような事故がなければ当方が負担する
必要のない金額(車庫証明の手数料など)は負担してもらうことを伝える。

あくまでも、穏便に話をしていたら、「30歳も年が離れていて、そのようなことを言われるとは思っていなかった。」と感激していらっしゃった。
ただ、これからどうなることかな。

つくづく自分の性格が、揉め事を回避する考え方をすることを実感。
トラブルが大嫌いなのだ。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活 

October 29, 2006

10/29(日) 交通事故

ということで、本日、京葉道路にて交通事故に遭ってしまいました。
追突事故で、3台のうちの真ん中。

気力を振り絞って何とか健気にいますが、衝撃も大。
これからどうなることか。

P.S.
後ろの車がノンブレーキなので、我が車は全損です。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 考えたこと 

October 26, 2006

10/26(木) 北海道日本ハム優勝

北海道日本ハムファイターズ優勝!!

東京ドームをフランチャイズにしている頃から、またまたパ・リーグがマイナーであった時代を知っているからこそ、この優勝は感慨深いものがある。
昨年のロッテの日本一も含めて、本当にうれしい。

アンチ巨人としては、自分たちの力を信じて、コツコツ勝ち上がっていたのは格別。
皆様お疲れ様でした。

以前からマスコミに関して不信感がコツコツ高まっていたが、今回も閉口。
新庄一人のクローズアップが、本当に不満。
実際には全体の調和から生まれたものであるのに。

夜にテレビ東京とフジテレビが、優勝後にしっかりと選手個人にクローズアップ。
やはり、普段からよく見るテレビ局。
自分と波長が合う。

今回の日本シリーズ。
力は拮抗していた。
どの試合もとても白熱していた(気がする。全部見ているわけではないので)
だとしたら、その差は何なのか。
残念ながら、それがわからない。

次は広島に優勝してもらいたいですね。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活 | 考えたこと

October 25, 2006

10/25(水) 中毒症

そろそろPCを買い換えようかなと。

______________________________

ずいぶん前に見たDVD


水野晴郎 脚本・監督。

脚本はしっかりしている。
しかし、本当に突っ込みどころ満載の映画で、映画館でなんとなく見たら、激怒していただろう。
台詞棒読み、走っている列車の外でも無風 など。

しかし、全体に流れる音楽が原因であると思うが、独特の雰囲気。
この雰囲気が、なんとなく最後まで見ようと気になるのだ。
和風ではなく、ロシアの雰囲気なのかな。

勉強をしながら流していたのだが、それでもストーリーは分かるほどの内容だが、次作品も見ようという気になる。

恐ろしい、水野マジック。


監督:水野晴郎
収録時間:82分
レンタル開始日:2002-02-22

Story
映画評論家・水野晴郎の長年の夢だった映画監督デビュー作。1938年、第二次大戦前夜のシベリア鉄道を舞台に、車内で起こった密室殺人事件を水野晴郎扮する山下大将が名推理で解決するミステリー。二重三重のどんでん(詳細こちら


hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(14)TrackBack(0) Clip to Evernote 映像 | 生活