November 2006

November 29, 2006

11/29(水) U2 (そして Hottokenai@sun.com に送れなかった自分。)

本当に久しぶりのライブ。
前に行ったライブが誰の、どこかか覚えていないくらい。

その間は、本当に自分は死んでいたんだなと。
感情的にも、感性が。
実はその間にも、U2をあまり聞いていなかったのだ。

結果的に言えば、説得力のあるライブ。
とても素晴らしい。

U2自体は、オーディエンスと一体になれる曲が少ない。
もともと、そんなことを考えて作ってない。
そんなことを考えながら観ていた。
とにかく、聞き惚れてしまった。
ミュージシャンを、うまい、下手と表現するのが憚れる、そんな公演でした。

前回のツアーは、東京ドームを屋根まで十分に活かしたステージと、音楽。
今回のツアーは、音楽 with LED ステージ。
彼らの魅力、演奏力、曲の素晴らしさが光っていた。

音楽、メッセージは、シンプルでいいんだ。
そんな彼らの想いを感じました。

City of Blinding Lights
Vertigo
Elevation
I Will Follow
Still Haven't Found What I'm Looking For
Beautiful Day
Window in the Skies
Walk On
Sometimes You Can't Make It On Your Own
Bad
Sunday Bloody Sunday
Bullet The Blue Sky
Miss Sarajevo
Pride (in the Name of Love)
Where the Streets have no Name
One

(1st Encore)
The Fly
Mysterious Ways
With Or Without You

(2nd Encore)
The Saints Are Coming
Angel Of Harlem
One Tree Hill

前回の公演以上に、(会場のせいでもあるだろうが)大合唱大会。
音痴な人がすぐ分かってしまうくらい。
自分も、周りも笑ってしまいました。

この公演では、いつものことだが、政治色がとても強い。
でも、自分が今までいかに無頓着に生きていて、世界中の利益を独占している突飛な生活をこなしているのかを、久々に自覚させられてしまった。
人によっては、この政治色を嫌悪する人もいるであろうが、これは単純に島国育ちの平和ボケにしか過ぎない。
自分も世界を回って、争いも衝突も、全てが貧困を原因としていることを直視してきたこと、また先進国はこの貧困国の恩恵のもとで成り立っている現実。
自分の出来ることをしようとしている彼らに、自分の小ささ、何もしていない自分、その現実を嫌と思うほど突きつけられてしまった。

彼らも、ジパングの人間がいっせいに携帯を突きつけて写真を撮ろうとしている現実を、どう思っていたのだろうか、ついそんなことを思ってしまう。

でも、自分も撮ってしまいました。
この幸せな時間を、共有している幸せ。
素晴らしい音楽。
彼らのメッセージに、少なくても自分なりに、もっと頑張ろう、出来ることからしていこう、もっと知るべきことを知り、行動に移していこう、無駄なことを省き、利己的に生きるのをやめよう・・・など、いろいろ勇気をもらいました。
そして、元気になりました。

おそらく、DVDにしてもらっても、この空間が共有できる幸福感は味わえないでしょう。
そういう意味で、ROLLING STONESのコンサートと同じ。
やはりレベルが違うのだ。

でも、スタンディング形式には閉口。
185cmの自分でも、少々つらかった位、ステージが低い。
そして、自分の後ろの方達は、申し訳ないという気持ち。
どこでも、女性はほとんど観れなかったのではないか。
こういうことは、抗議しようにも出来ないし。

久しぶりに、ツアーグッズ購入。
20分くらい並んだが、それに見合った素晴らしい内容だったもの。
でも、売り切れが多くて、ドキドキ。
Tシャツを購入した。(デザインのセンスが悪いものばかりで、かなり迷ったです)


公演前で秋葉原ヨドバシカメラで購入。
1円でも安いのを買おうと思ったので、価格.comで調べたが、結局客引きで安い値段を設定しているのが分かり、初めて秋葉原の街を歩いて自分で安いものを探そうと。
そもそも秋葉原で安いものを買えるのかどうかも分からなかったが、オタクの皆さんの努力を見習わなければと。

それで以前に、錦糸町のヨドバシカメラで値段を見たので、秋葉原のヨドバシカメラと値段を比較してみよう(といっても比較できるほど値段も記憶にないのだが)と思って入る。
販売促進の女性と、いろいろな話。
価格設定。
他店の調査方法。
ヤマダ電機やコジマとの競合についてどう思うか
i-podとの性能の比較。
SONYの今後の展開
嫌な顔をせずに付き合ってくれて、30分。
映像を見れるポータプルプレイヤーがPSPなんだと。納得。

ついでに、売価の4,000円引きにしてくれた。
これで価格.com Yahoo Auctionよりはるかに安くなった。
大満足。新製品だし。

SONY ウォークマン Sシリーズ FMラジオ内蔵 メモリータイプ 4GB バイオレット NW-S706F VM


新しいメガネを予約。
以前のメガネ(6万円もするのに)は、千葉の海岸で、太平洋に流されたまま。

とにかく、フレームが細く、フレームレス。
発注してもらうことに。

おそらく、7万円弱。
目が悪すぎるので、レンズを細くするのに3万円以上かかるのだ。
左右とも、0.07くらい。
今回は株主優待券があるから、半額になる。
そういう意味では目が悪いというのは障害。

店員と話している間に、反対側のスーパーで万引きした中年の女性が捕まる。
テレビで見ていた、あのGメンが、目の前に。
興奮というより、怒鳴っていて恐かった。


家に帰って、テレビがつまらないというより、拒絶している自分がいる。
つまらないのは分かってはいるものの。
拒絶しているというのは、やっと感性が戻った、そんな気がするのです。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(1) Clip to Evernote 音楽 | 生活

November 22, 2006

11/22(水) 失敗

今日、大きな失敗をした。

新宿のエレベータの中で、三谷幸喜を見る。
本人が本の中で述べているとおり、我が強そうで、近づきがたい雰囲気。
でも、何か得した気分。

Sから連絡。
明日、大森にて会うことに。

毎年恒例の、卓上カレンダー購入。
今年から、3バージョンで、一番人気がなさそうなものを購入。

Aへの誕生日プレゼントが届く。
ネックレス。

なんとなく、一日が終わる。


hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活 

November 21, 2006

11/21(火) 洗練さ

今日、某社のSさんと話す。
洗練された会話は、知識が必要だということ。
そして知性。

もともと実家で両親がやっていたことだが、コーヒーを飲んだ後のコーヒー豆を瓶につめている。
最初は、なんとなくであったが、消臭効果も高いようで、このにおいがなんとも心を落ち着かせるのだ。
最近、朝起きてからコーヒーを入れるのが、習慣になっている。

夜は、お祝い。
でも、その後、悪酔いして記憶あらず。

____________________________________________________________

ずいぶん前に見たDVD



収録時間:89分
レンタル開始日:2004-04-29

Story
CTUのLA支局長・ジャックが事件を捜査するために奔走する24時間を描いた、K・サザーランド主演のサスペンスセカンドシーズン第8弾。核使用のテロ計画が発覚し、ジャックが再び捜査のために奔走する。第15話「22:00(詳細こちら
収録時間:89分
レンタル開始日:2004-05-14

Story
CTUのLA支局長・ジャックが事件を捜査するために奔走する24時間を描いた、K・サザーランド主演のサスペンスセカンドシーズン第9弾。核使用のテロ計画が発覚し、ジャックが再び捜査のために奔走する。第17話「24:00(詳細こちら


メイソン、この人物に限る。
格好いいです。

それにしても、女性独特の人間性が、いかに実社会に悪影響を与えるのか、その一片を上手に表現。
視野が狭く、単独で判断してしまいやすい、その部分。

核爆発しても、それを跳ね除けるような展開。
そのあたりが、アメリカのような気がします。

どちらにしても、すばらしい。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活 | 映像

November 20, 2006

11/20(月) 天気がねえ

日曜日が駸々とした雨。
今日は、と期待していたが、午後、雨が。

移動で一駅歩こうと思っていたが、しっかりと濡れてしまった。
なんか悲しく、切なく。

新宿のゴールデン街に、初めて行く。
と言っても通っただけだが。
いいねえ。

南口で、工事中。
その工事区間との仕切りがいいセンス。
新宿に親近感などなかったが、いいな。
当たり前だが、人が住む町には、故郷と感じる人間がいるのだ。

今日は電話がかかってくるはずだが、一向にかからず。
こちらから連絡取れず。
それでイライラ。
勘違いしているのかな。

今日はAの誕生日。
ケーキでお祝い。
26歳。
長いね。一緒になってから。

Internet Explorer7にバージョンアップ。
とても使いやすいが、重い。
でもいいねえ。

最近気付いた。
都営新宿線の料金が高いことに。

S君と飲む方向で。
2年ぶりかな。




hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活 | 考えたこと

November 19, 2006

11/19(日) 不愉快と

日曜日。
今週はとても忙しく、精神的に追い詰められていたので、深く眠ることが出来た。
ひさしぶりに夢を見ないで起きられる。

Aは、やや風邪気味というので、午前中はゆっくり過ごす。
映画を見たり。

午後は、買い物。錦糸町にバスで行く。
冷たい雨。

コートを7・8年ぶりに買う。
長く使いすぎて、色が変色しており、クリーニング屋のスタッフも苦笑いしてしまうくらい。
買おうと思ったのは、カシミヤコートだが、スーツを購入すると、コートの代金(約6万円)半額だと言う。
ここで面倒だからいいや、と思ってしまうのが自分。
買ったほうがいいや、というのがA。

しかも、スーツは2着買うと、2着目は1000円になると言う。
結局、コート、スーツ2着を購入。

今までであれば、そんなにいらない、と思ってしまうのだが、結局3着購入して、10万円で済むのは、安いんだよね。
相変わらず販売スタッフの対応が気持ちよい。

100円ショップに行く。
デパートの中に100円ショップ。
時代が変わったな、という気がするが、旧態依然と、チャレンジ精神が、地盤を変えてきているのも事実。
大きなスーパーよりも、地元密着の商店の方が便利であるのと同じ。

ヨドバシカメラ。
親切な店員のお陰で、あっという間に買い物終了。

錦糸町のとり鉄に行く。
今までで一番といっても過言ではないくらい、不愉快で、25分で退店。
全力で潰れることを祈っている。

S君から久しぶりに連絡が。

そのあと、駅前の他の居酒屋に行く。
プライベートで飲みなおすのは、おそらく初めてだと思う。
2時間近くいて、満足。

引っ越して思ったことは、お酒をおいしく飲める店を探すのが、面倒だということ。
それがたとえ錦糸町であっても。

______________________________

ずいぶん前に見たDVD

収録時間:108分
レンタル開始日:2003-12-19

Story
巨匠、エリア・カザンが描く人間ドラマ。1954年のアカデミー賞において最優秀主演男優賞を始め8部門を受賞した。暴力が渦巻くニューヨークの波止場を舞台に、正義を貫く男の姿を感動的に描く。(詳細こちら


1954年の作品であっても、白黒作品であっても、人間をきちんと描いており、見応え十分。
エンディングの意味がちょっと分からなかった。
資本主義の搾取の現実が、直視できないくらい描かれていた。




収録時間:118分
レンタル開始日:2002-02-22

Story
1941年のホノルルを舞台に、米国陸軍組織の腐敗と人間模様を描いたベストセラー小説を映画化。バート・ランカスター、モンゴメリー・クリフト、フランク・シナトラ、デボラ・カーなど豪華キャストが出演。アカデミー(詳細こちら


これまた1941年作品、モノクロ。
米軍のハワイでの話しだが、とても人間くさい、すばらしい描かれ方。
キャストの演技、音楽、照明やカメラワークも、文句なし。

戦争をどうしてもマクロ的に考えてしまうが、その人間をクローズした傑作。




収録時間:89分
レンタル開始日:2004-04-02

Story
CTUのLA支局長・ジャックが事件を捜査するために奔走する24時間を描いた、K・サザーランド主演のサスペンスセカンドシーズン第3弾。核使用のテロ計画が発覚し、ジャックが再び捜査のために奔走する。第5話「12:00」(詳細こちら


大統領元婦人が登場。
怪しい。




収録時間:88分
レンタル開始日:2004-04-02

Story
CTUのLA支局長・ジャックが事件を捜査するために奔走する24時間を描いた、K・サザーランド主演のサスペンスセカンドシーズン第4弾。核使用のテロ計画が発覚し、ジャックが再び捜査のために奔走する。第7話「14:00」(詳細こちら


メイソンと、息子の対面。
涙、涙、涙。

でも、ドラマと分かっていても、感情移入できるこの作品のクヲリティーがすばらしい。




収録時間:87分
レンタル開始日:2004-04-16

Story
CTUのLA支局長・ジャックが事件を捜査するために奔走する24時間を描いた、K・サザーランド主演のサスペンスセカンドシーズン第5弾。核使用のテロ計画が発覚し、ジャックが再び捜査のために奔走する。第9話「16:00」(詳細こちら


今まで、伏線だったのが表に出てきて、点と点が結ばれてくる。
スムーズにストーリーが続いているな、と思って最後で、「オーーーーーーーーイ!!!!!!!!!!!!!」





収録時間:86分
レンタル開始日:2004-04-16

Story
CTUのLA支局長・ジャックが事件を捜査するために奔走する24時間を描いた、K・サザーランド主演のサスペンスセカンドシーズン第6弾。核使用のテロ計画が発覚し、ジャックが再び捜査のために奔走する。第11話「18:00(詳細こちら


これでもか、というくらい面白い展開。
予想通り、怪しい女は、そのものであったが、とにかく見ているこちらを安心させない展開で、もう言うことありません。
それにしても、今、爆発するかもしれない、という危機でも人間のエゴとプライドは十分にはたらいてしまうのが、人間なんでしょう。太平洋戦争でも陸軍と海軍の主導権の争いが実質であったと言うが、これを見ると納得できてしまう。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(1) Clip to Evernote 映像 |