September 2009

September 30, 2009

9/30 (水) 復活

いろいろありましたが、復活。
ようやく人生の光が見えてきた気がした。

読売新聞のいつもの集配・集金スタッフの方が、ルミネのよしもとのチケットをゲットしておいてくれた。
今回は先着順に漏れて、別のチケットになってしまったからだ。
ありがとうございます。

山梨勝沼の「ほったらかし温泉」に行くときに近くの農園で買った葡萄。
とてもおいしい。
感動を覚えるほど。
販売の店員さんも非常に親切にしていただいたから。

宅建まで急がなければ。
旅などに行っている場合ではない。


_____________________________________

最近まで観ていたDVD

監督:吉田恵輔
出演者:宮迫博之、 仲里依紗、 麻生久美子、 濱田マリ
収録時間:113分
レンタル開始日:2009-02-06

Story
雨上がり決死隊の宮迫博之と『ハチワンダイバー』の仲里依紗共演によるハートフルコメディ。妻に捨てられて以来、高校生のひとり娘と公営団地に住むメタボ親父・裕次郎。彼が開いた喫茶店を舞台に、父娘とひとクセある常連客たちとの人間模様を綴る。
(C)2008 「純喫茶磯辺」製作委員会 (詳細はこちら


映画館で予告編を観た時に、ものすごく面白そうだと思って、でも、映画館で観られず、楽しみにしていた作品。
なんで、映画館で観なかったのかな、これは神様の定めた運命なのかと思っていたが、実際に観て納得。

まあ、映画館で観る映画ではない。

出演者はいいが、脚本がいまいち。
もっと観ている人を幸せにする脚本にしてください。

宮迫博之、 仲里依紗、 麻生久美子、この3人は素晴らしいです。特に、仲里依紗演じる高校生は、リアル。

日本映画があまり好きではないのは、監督(もしくは脚本)の変な歪んだところが顕著に出ているところかな。
これなら、自分は、こういう風にするかな、と思ってしまうことがあるのだ。

全体的な調和感、一体的な感じがない。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 映像 | 生活

September 22, 2009

9/22 (火) 伊豆から

朝5時起床。

風呂に入って、朝市に行く。
朝6時30分から、ロビーにて。
送れるように、すべて冷凍なのが残念だが、人の数は多い。

部屋からみた海



朝食も、豪華。
金目鯛の味噌漬けの焼いたもの、美味しい漬物、刺身など、普通の宿では出てこない。
この視点。
いいですね。
ご飯を5杯ほどお代わり。
ただ、豪華なのではない。
伊豆という土地柄の豪華さなのだ。

朝9時に出る。

帰宅時


他のお客さんに人に写真を撮ってもらう。

銀水荘外観


稲取港の朝市に行く。
こちらはよかった。

ここで、金目鯛の粗汁が無料で飲めるという。

ここで、地元の店の手作りの塩辛を買う。

_____________________________________

今日まで聞いていたCD



Ambient 1: Music for AirportsAmbient 1: Music for Airports
アーティスト:Brian Eno
販売元:Virgin
発売日:2008-07-08
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


我が、Brian Eno先生の代表作品。
これぞ、という感じで体が反応しているのが素晴らしい。


City of EvilCity of Evil
アーティスト:Avenged Sevenfold
販売元:Warner Bros.
発売日:2005-06-20
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


久しぶりにこういう音楽を聴いた、という感じだが、残念ながら、軽い。
昔に比べて、いろいろな音楽を聴いて、自分が成長したんだと信じたい。


Down the RoadDown the Road
アーティスト:Van Morrison
販売元:Universal
発売日:2002-05-14
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


おそらく、はじめてVan Morrisonを聞くが、素晴らしい。
何度聞いてもいいと思う。
ということは、普遍的な、いい音楽なんだろう。
もっと詳しくなろうと思う。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Clip to Evernote 音楽 | 

September 21, 2009

9/21 (月) 伊豆へ

朝9時に出て、祖母を拾って、伊豆へ。
ところが、大渋滞。
いままでで味わったことのない程の長距離。
親父と、結局2回交代したほど。

結局、到着は15時前。

途中、伊豆高原で食事。

今まで泊まったことのない、伊豆稲取の「銀水荘」
全国のホテル・旅館の満足度で日本一を争う、有名旅館。

実は、祖母が昔、この「銀水荘」の前身の「金鵄館」で仲居として働いていたのだ。
2日目に、支配人と話をするが、その支配人でさえも知らない、本当の意味での前身。

それより、稲取の予想以上の鄙びた感じ、むしろさびれた感じには衝撃を受ける。
これほどとは…。
退廃を感じずにはいられない。

それでも、この「銀水荘」の建物の立派さは、素晴らしい。

入口には、大勢のスタッフのお出迎え。
これは苦手でした。
小市民ですが、なれません。

全部屋から海が観れるということですが、これはすごかった。
爽快、絶景、もう言葉がいくらでも足りないほど、見事。

仲居さんは非常に慣れたベテランさん。

ここまでは、なぜ「日本一」なのかはピンとこなかった。

お茶は抹茶で出てくる。
これはいいな、と思いました。

でも、他の旅館との差を大きく感じる第1歩は、風呂。

建物は、決して新しいわけではないが、清潔感はたっぷり。

そして、お風呂に向かう途中で、風呂上りに漬物、お茶がサービス。
そのためのスタッフもいて、風呂上りのお客さんにすすめる。
大したことではないかもしれいが、その精神が非常に素晴らしいと思った。
ちょっとの努力、大きな差。

もうひとつ。
大きな宿なので、お風呂に入るお客さんも多いのだが、スリッパを脱いだ後、スリッパを何かのクリーナーで、きれいに拭いておいてくれるのだ。
なぜわかるかといえば、風呂上り部屋に戻るのに、またスリッパをはくと、明らかに肌触りが違うのだ。

これも、ちょっとの努力、大きな差。

風呂は、絶景でした。
伊豆急の線路が観えたのが、ベター。

夕食。
これは、もう、素晴らしいの一言。
量、質、バランス。
普通の宿とは違うんだぞ、と圧倒的な差。

高級と、洗練されたものとの違いですな。
何もかもがもったいない、と思った。

途中で女将さんがあいさつに。

最初から見ている視点が違うんだな、と、思い知らされた。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(1) Clip to Evernote  | 

September 20, 2009

9/20 (日) 実家へ

仕事が終わった後、実家へ行く。
相変わらず田園都市線ではよく寝てしまう。

それよりも、ラジオで「Power Rock Today」を録音できたのが大きい。
やはり情報量が違うものg。
Mr.Bigの日本武道館の公演など聞けました。

実家で久しぶりに親のご飯。
始祖の実のてんぷら、これが非常に美味。
旅行前だが、ものすごく美味しい日本酒が手に入ったようで、痛飲。


_____________________________________

移動中に読んだ本



金のゆりかご金のゆりかご
著者:北川 歩実
販売元:集英社
発売日:1998-07
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


同僚の社員が、「全然面白くないから読んでみてください」と言われた本。
女性と男性では、本の読者では求めるものが違うのではないかという話をしていた昨今。

内容は…設定は面白いが、後半、どんどん、著者の自分勝手で話が展開していき、後半は読んでいても疲れてしまった。

設定はいいのだけれどね。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote  | 

September 19, 2009

9/19 (土) 久しぶり

いろいろありました。
この数日間。

どちらかといえば、地獄から普通に。
まあ、自分が悪いのであれば。

よくよく考えてみれば、、構築するのも簡単であるが、崩壊するのも簡単なのだな、と思った。

結局、悪いもの、嫌なもの、ネガティブなものは、すぐに解決しなければいけないということだ。
これに尽きる。

自分の弱さ、儚さと徹底的に向き合った数日間。


■ まずやらないといけないこと

トレーニングと減量(最近飲みすぎ、食べ過ぎ)
手帳整理


_____________________________________

最近読んだ本


犯罪小説家犯罪小説家
著者:雫井 脩介
販売元:双葉社
発売日:2008-10
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


あまり面白くなかったです。
自分にとって、なくてもいい、否定すべきもの、そんな価値のものです。



1968年に日本と世界で起こったこと1968年に日本と世界で起こったこと
販売元:毎日新聞社
発売日:2009-06-26
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


世代でないので、最近、舞台、テレビ、などをはじめ、マスメディアで出てくる、団塊世代。
もう少し深く掘り下げてほしかったのだが、これは、体験していないからだろう。



_____________________________________

最近買ったCD



FakebookFakebook
アーティスト:Yo La Tengo
販売元:Bar/None
発売日:2000-06-19
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

Electr-O-PuraElectr-O-Pura
アーティスト:Yo La Tengo
販売元:Matador/Atlantic
発売日:1995-05-02
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

I Am Not Afraid of You and I Will Beat Your AssI Am Not Afraid of You and I Will Beat Your Ass
アーティスト:Yo La Tengo
販売元:Matador
発売日:2006-09-12
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

Summer SunSummer Sun
アーティスト:Yo La Tengo
販売元:Matador
発売日:2003-04-08
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

And Then Nothing Turned Itself Inside-OutAnd Then Nothing Turned Itself Inside-Out
アーティスト:Yo La Tengo
販売元:Matador
発売日:2000-02-22
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

PainfulPainful
アーティスト:Yo La Tengo
販売元:Matador
発売日:1997-09-23
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


Yo La Tengo 祝来日!!
久しぶりにまとめて買った。
ただ、値段から、アメリカのCDショップから買いました。




彼らを聞くと、いい音楽というのが、商業化されたものと全く無関係だというものがわかる。
初めて聞いた時の衝撃は忘れらない。

12月は、品川へ!!



hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(11)TrackBack(0) Clip to Evernote 音楽 |