January 2010

January 31, 2010

1/31 (日) おつかれさま

肉体的疲労がたまってきたのかもしれない。
体が重い。
そんな感じで1月が終わる。

良質的な音楽は、元気にさせる。


_____________________________________

今日読み終わった本

オヤジ・エイジ・ロックンロールオヤジ・エイジ・ロックンロール
著者:熊谷 達也
販売元:実業之日本社
発売日:2009-11-20
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


バンドをやっていた自分として、非常に面白く読むことができた。
とにかく、ストレスフリーで一気に読むことができる。
あまりにも順調な展開で、後半は…と感じるところもあったが、でも、読んでいて一気に元気が出てくる本。
巻末の用語辞典は、著書の偏見と思いこみがたっぷり入っていて、笑えます。


_____________________________________

今日買ったCD(届いた、というべきか)

19972007(初回生産限定盤)(DVD付)19972007(初回生産限定盤)(DVD付)
アーティスト:ブンブンサテライツ
販売元:SMR
発売日:2010-01-27
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


上記の本の巻末の用語辞典でいえば、彼らを知らないのは現代音楽を語る上で、もったいない、だけではなく、人生を損しているというべきか。
2年前のサマーソニックのMountain Stageで、超満員の中、圧倒的なステージを繰り広げてくれたのを思い出す。
やはり、その中の観客と、テレビなどで出ているCDを買って聞いてi-podに入れて聞いている人達との間には、大きな文化的な格差があると言わざるを得ない。

彼らが、オリコンの洋楽ランキングで1位ということだが、彼らは日本人だと思いつつ…



hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 音楽 | 

January 30, 2010

1/30 (土) いい音楽と仕事と両立できればいいのだけれど

DVC00010


普通の、しかし少しだけばたついた土曜日。

昨日のワールド・ロック・ナウにて。


昨年のサマーソニックで、デビュー前の彼らを見て大興奮
やっとデビューアルバムが出た。


驚異のアルバム!!


_____________________________________

最近読み終わった本

南島旅行見聞記南島旅行見聞記
著者:柳田 国男
販売元:森話社
発売日:2009-11
クチコミを見る


読みやすさといえば、あくまでも本人の手帳に書いていることを本にしているわけであるが、実際に自分で歩いて得た資料というのは、当たり前だが、大事なのだということを再認識。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote  | 音楽

January 28, 2010

1/28 (木) 目標を見失いそうになるときは

人のことをいうときこそあまり参考にはならない。
もちろん、自分の言うことも。
それから、有言実行に移せるかどうかが、大事なポイントなのだ。

庄屋グループにクレームを言ったが、やはり、言う方も、当然言われる方も疲れるのだ。
しかし、出されていないお通し、そして対応も悪いのであれば、その分の値段は返してほしいのだ。
しかし疲れる。

職場で、最近九州に異動したNさんの話を聞く。
いきなりの環境変化で大変だと思うが、ぜひご活躍をお祈りする。
誰だっていきなりは難しいわけだから。

結局、何も変わっていないのではないかと考えてしまう。
実際、変わっていないのだ。


_____________________________________

今日まで読んだ本

ウイスキーの科学―知るほどに飲みたくなる「熟成」の神秘 (ブルーバックス)ウイスキーの科学―知るほどに飲みたくなる「熟成」の神秘 (ブルーバックス)
著者:古賀 邦正
販売元:講談社
発売日:2009-11
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


手元に置いておきたい本のひとつ。
これを読んで、確実にウイスキーに対する見方が変わりました。
そして、酒屋でいろいろ買ってしまった。


差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)
著者:辛 淑玉
販売元:角川グループパブリッシング
発売日:2009-06-10
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

面白いし、話題になったから面白いのだろうけれど、なんか「いまいち」感が残るのは残念。
差別は確かにあるが、誰でも、差別する側、差別される側は人生で経験するわけで、確かにひどい差別を受けた人の気持ちは、されていない人にはわからないかもしれない。
しかし、この不快感は何だろう。
野中さんは、意外といい人なんだという印象も。
読み方が甘いのかもしれないが。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(13)TrackBack(0) Clip to Evernote 音楽 | 

January 27, 2010

1/28 (水) うまくいかないことも

仕事が世間で言う忙しいという感じにはなっているためだろうか、とにかく余裕が無い。
毎日のタスクとなっていることがうまくいかないジレンマで苦しんでいる。
皆さんは、どのようにして乗り越えているのだろうか。

その原因は、自分のパソコンをフルで利用している為、動作が遅いのも一因か。

ブルーレイをヨドバシカメラで見る。
意外と高いものですな。
しかし、50GBも容量があれば、いずれは・・・分かる気がした。

_____________________________________

今日まで聞いていた音楽

Wait for MeWait for Me
アーティスト:Moby
販売元:Sony
発売日:2009-07-21
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


今までのアルバムと比較すると、ふくらみが無く、単純に聞こえる。
なんといっても、温かさに欠けているところが気になる。
バラエティも欠けているし・・・ちょっと残念。



Summer SunSummer Sun
アーティスト:Yo La Tengo
販売元:Matador
発売日:2009-11-02
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


大傑作。
このアルバムに名曲だらけ、そして全体の雰囲気が本当にいい。
この、夜に聞くと最適なアルバム、出会って感謝。


Blood Sweat & Tears - Greatest HitsBlood Sweat & Tears - Greatest Hits
アーティスト:Blood Sweat & Tears
販売元:Columbia
発売日:1999-02-25
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


彼らのことは深く知らなかったが、非常に気に入りました。
ノリのよさがたまりません。



Everything That Happens Will Happen TodayEverything That Happens Will Happen Today
アーティスト:David Byrne;Brian Eno
販売元:Todo Mundo
発売日:2008-11-25
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


購入したアルバムであるが、素晴らしいバリエーション。
文字通り、いい曲だらけである。




hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 音楽 | 生活

January 26, 2010

1/26 (火) 高水三山ハイキング

非常に疲れていたのだろうが、5時に起床。
さすがにまずいと思って、二度寝して、朝7時起床。

今日は高水三山ハイキング。

中央線、青梅線で軍畑駅まで、約2時間。

距離としては10キロ弱、まあ、初心者レベルだが、何といっても山の中で静かな時間を過ごすことを今日の目的とする。
なんとしても、山に来たかったのだ。

1)高源寺


2)高源水山頂


3)登山道の雪


山頂辺りには、霜柱、そして雪も残っている。
何といっても、寒いのだ。

4)山道


15時、御嶽駅着。
寒いが、何といっても最後のあたりで道を間違えたのがショック。
途中の分岐点でご夫婦が煙草を吸っていて、あいさつ。
前にはものすごい急坂、左には、駅の標識。
下りだから、と思って左に行ったのが間違い。
今、思えばね。

御嶽駅で着替えをすると、持ってくるべき服がなくて、ダブルショック。
準備不足って、こういうことなんですよね。

17時近く渋谷でAと合流。
あまりにも寒くて、お腹がゴロゴロ。

ロフト、マルイに行き、Aと婚約指輪的なブレスレットを購入。
自分の考えとして、婚約で婚約指輪というのは、無思考になっている気がして、自分から指輪でなくてブレスレットを希望したのだ。

いろいろ見た中で、Calvin Kleinの輪のタイプが気に入り購入。

ところが、帰りに寄った居酒屋で、Aがごねる。
ブレスレットのサイズを、お互いにメンズサイズを購入したのだ。
自分は、選択肢はそれだけであるが、Aは、余裕のある大きさを店頭で希望したのだが、自分がどちらかといえば手首にフィットしているのを見て、自分もそういう、余裕のない方が良かったのではないかと。
不幸にも、本人の望んだ色が、店頭になく、購入前に自分が、店員に「もしなければ、、取りよせてもらっても、こちらは十分に待って選んでかまわない」という話をさんざしていたのだ。
だから女は面倒くさい、と思ってしまう。
結局、それでいいと、決着。

ということで、居酒屋2軒。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote  |