October 2010

October 29, 2010

10/29 (金) ばかやろ

すべてにおいて、自分の周り、自分の環境を冷静に考えて実行し、決定することが必要。
いったんその世界に入ると、その世界の中でしか物が見えなくなる。

たとえばパンしか食べられない国に入ってしまうと、ご飯を食べること、そのものご飯の存在自体に気づかないのだ。
それは分かっていても、実践に理解することはわからない。
常に多次元で物を考え、行動することを心がけないと。
いったん決めたら突っ走るタイプなので、注意しないと。
いったん足を止めて。

まあ、自分の仕事のこと。
自分というのも嫌なのだが。

Gちゃんから奈良ひとり旅行の写真がちょくちょく届く。
早く彼女を作りなさい。

Aは明日から北海道。

_____________________________________

今日まで読んだ本

インドの大地で―世俗国家の人間模様 (中公新書 (790))
著者:五島 昭
中央公論社(1986-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


この本も面白かった。
実際に毎日新聞の特班員としてニューデリーに行った経験から、客観的に描いているインドの姿。
視点が変わって、表現の仕方も違うが、非常に冷静に、しかしストレートに描かれている。
この著者が描くインドの姿も想像以上だが、この著者の冷静な視点が自分はほしい。



_____________________________________

今日まで聞いていた音楽

怒髪天怒髪天
アーティスト:怒髪天
インペリアルレコード(2007-03-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


Fuji Rock Festivalで彼らを見て大好きになった。
活動歴が長いようだが、だてに努力をしていない。
アルバムもいいが、やはり彼らは熱いライブ。
このアルバムも短いが、いいです。




Good morningGood morning
アーティスト:SPECIAL OTHERS
ビクターエンタテインメント(2006-11-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


彼らもFuji Rock Festivalで昨年観て大好きになった。
11月のZepp Tokyoのライブは完売ということで、正当に評価されていることが本当にうれしい。



LIVE in TokyoLIVE in Tokyo
アーティスト:サディスティック・ミカ・バンド
コロムビアミュージックエンタテインメント(2007-05-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


いや〜なんでもっと早く知らなかったのだろうかと、後悔。
これほどすばらしいバンドがあり、すばらしいライブがあったことを。
すべてがすばらしいが、木村カエラの声に惚れました。
レンタルの関係で3枚組の2枚しかまだ聞いていないが、繰り返し繰り返し聞いております。



hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote  | 音楽

October 28, 2010

10/28 (木) 結婚式って?

今日は思いっきり寒く、秋を通り越して冬になってしまった感じだ。
しかも風、雨。
体が小さくなってしまう。

ようやく、結婚式を実施するための準備スタート。
自分がイメージしているのは、下記の通り。

・ 結婚式会場では絶対にやらない。
・ おいしいごはんをみんなで食べる(もちろんお酒も)
・ 身内だけ
・ 海が見えるところでやる。
・ できればオール和食
・ ケーキ入刀などもってのほか。
・ 本質的なイベントにする(披露をするのと同時に、離れ離れになった親戚をこういうイベント、ほかには葬式とかだろうか、を通して、再度懇談する機会を作るべき)

Aにそのイメージを伝えて今日は終わる。

_____________________________________

今日まで見たDVD

監督:ジャン=ポール・ジョー
出演者:ペリコ・ルガッス
収録時間:108分
レンタル開始日:2010-03-05

Story
学校給食のオーガニック化に取り組むフランスの農村の活動を追った環境ドキュメンタリー。バルジャック村のショーレ村長は、子供たちの未来のために学校給食のオーガニック化を決意。財政的な問題など前途は多難だが、自然の味を知った子供たちは…。 (詳細はこちら


あまり期待していなかったが、とても見応えのある映画。
やや過剰な演出が気になったが、それを上回る映像の美しさ、構成のうまさ。
映画として、プロパガンダの手段としてはとてもいいと思う。
真面目に一生懸命にやる、それに対して拍手を送りたいと思う。

お試しでTSUTAYA DISCASを利用してみたが、やはり長い間、ぽすれんを利用していたためか、使いづらい。
長く使っている、慣れている、特に不満がないと、他を使うとまったく違う性質になれるのは難しいというべきか、自分に柔軟性がない、もしくはなくなったというべきか。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(1) Clip to Evernote 映像 | 生活

October 27, 2010

10/27 (水) 観劇 文学座アトリエ60周年記念公演 『ダーウィンの城』@文学座アトリエ

久しぶりに一日晴れて、しかも前日快く酔ったため、起床8時30分。
本当は登山のつもりだったが、ポジティブに考えて、起床。
とても気持ちよく晴れたため、さっそく着替えて朝ごはん。
お手製のカレー2杯。
まあまあのお味。

午前中から午後にかけて、衣替えとクローゼットの改革、洗濯、そしてクローゼットの中の蒲団を全部干す。
そして掃除。

とっても気持ちの良い一日でした。

でも夕方から涼しく、いや、寒くなってきたというべきか。

新小岩から信濃町まで30分弱かけて移動。
開演1時間前についてしまったので、ぶらぶら歩くと、やはり信濃町は創価学会の町なんですね、と改めて実感。
ベローチェで手帳整理。



文学座アトリエ60周年記念公演 『ダーウィンの城』@文学座アトリエ
thumbnail


私たちは、過去に私たちと同じ人間の犯した数々の不幸(戦争など)を語るとき、無条件に"今はそんな時代ではないが"、もしくは"私たちはそうは行動しないが"的に思考し、あくまでそうならないために、つまり、戒めとして過去の事例を引き合いに出すという性癖をもっている。

では果たして現実はどうなのか?

今、この時、私たちの生活の中で、私たちが意識せぬままに"なにか"が進行しつつあるのではないか?

「安全」と「監視」を題材に、今の私たちを切り取ってみる。


作/鐘下辰男
演出/高橋正徳
出演/吉野由志子、征矢かおる、藤?あかね、牧野紗也子、金内喜久夫、中村彰男、大原康裕、高橋克明、櫻井章喜、石橋徹郎、植田真介、川辺邦弘、斉藤祐一



久しぶりに感性を刺激される舞台だった。
鐘下 辰男作品、本当に久しぶり。

セキュリティーを重視した高層マンションが舞台。
オートロック付のマンションは、実は密室だから危ないという盲点を、よりリアルに演じているのが印象だった。

特にシーンの展開が次々に繰り広げられて、観ていてゾクゾクするスリル感はたまらなかった。

ただ、演出の都合なのか、暴力シーンが過剰すぎる。
必要ないよ、それほどと思ってしまう。
演じている方、演出している方で必要と思っているのだろうが、こちら側の世界ではそれほど求めていない。
長いよ。
それだけは感じた。

毎日生きていて、なんとなくボーっと生きていて、それで現実を突きつけられる瞬間がそこにはあった。
眠っている感覚がよみがえってきた感じだ。

まあ、デートで見るのにはきつい舞台だ。


帰りはホッケを買って、初めて自分で焼いてみる。
微妙な焼き加減。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 演劇 | 生活

October 26, 2010

10/26 (火) 買い物

やっと最近のんびり物を考えられてきた。

先日、サークルKで舞台のチケットを4枚(1枚、1枚、2枚)を3回に分けてクレジットカードを使い買ったところ、3回目でクレジットカードが使えないとのこと。
まあ、それほど気にしていなかったが、すぐに電話が携帯電話にかかってきて、カード会社から。
回数は決まっていないとのことだが、短時間に繰り返して同じ端末で使うと、ストップをかけるようにしているとのこと。
これは、盗難された時のためにそのような措置をしているとのことです。
知らなかった。

指輪がまだ違和感がある。
自分は指が太く、プニョプニョして関節よりも指が太いので、Aから言わせるときつそうに見えるのだと。
でも、指を細くするために努力が必要なのかしら。
指は指輪をつけるとよく見るようになり、自分は太いと改めて実感。
昔から太いといわれて、でも気にしなかったのだけれど。

自分の周りにいる人間によって、自分がよくもわるくも影響されるということを感じる。

夜、業務スーパーで買い物。
しばらく来れていなかったので、たっぷり3万円弱の酒、酒、食糧の買い出し。
これで少なくても3か月分、しかも相当安く買い物できたようだが。

自転車のパンクの修理が済み、地元のなじみの自転車屋で受け取ったが、やはり転倒したことを気づかれた。
そして自分が思っていたこと、感じていたことをズバッと言ってくれたので、改めて買い替えも検討。

一日もお金を使わなくて貯まっていく生活ができないものなのか。



hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(12) Clip to Evernote 生活 | 考えたこと

October 25, 2010

10/25 (月) そんなショックなことか?

昨日の雨の中、自転車の後輪がパンク。
前輪が先日、順番なのか。
でも帰るときに、後輪からペタペタペタ音がしたかと思えば、だんだん見事に空気が抜けていったからな。
運が悪いと思うべきか。

やっとS氏に本音に近いことをいう。
かなりショックを受けていたが。
でも、生きている中でのバランスはやっと保ている気がしている。

自転車がないと不便だ。


_____________________________________

今日まで聞いていた音楽


FeelerFeeler
アーティスト:Pete Murray
Columbia(2004-05-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


なぜ彼のアルバムを手にしたのかわからないが、大変すばらしいアルバム。
重過ぎもせず、軽やかに曲が進んでいく。
聞いていて元気になるアルバムだ。


Show Your BonesShow Your Bones
アーティスト:Yeah Yeah Yeahs
Interscope Records(2006-03-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


このアルバムも然り。
しかし聞きやすくて、軽やかで元気になる。
ふざけている感じがしながら、実は真面目に取り組んで、そして楽しんでいる感じ。
いいですな〜。


This Is HappeningThis Is Happening
アーティスト:LCD Soundsystem
Virgin Records Us(2010-05-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


フジロックで通過して見た彼ら。
ほとんど記憶がないのだけれど、踊るのにいいなあ、と思いながら通過していった。
実際に聞いてみたら、80'sの雰囲気にあふれて、David BowieのHeroesの雰囲気を醸し出している。
いいじゃない。
次は生だな。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(14) Clip to Evernote 音楽 | 生活