March 2012

March 30, 2012

3/30 (金) フジロックフェスティバル

ここ最近起こったこと。

交通違反で2点、また罰金7000円。
すぐ近所。
久しぶりに白バイに追いかけられた。(久しぶりではなく初めてですね)

フジロック、宿が取れたが、余りもので前夜祭から4泊という白物。
これは今年は思いっきり楽しめと神様が言っていると信じ、楽しもうと思います。
行きと帰りは新幹線の予定。

サマーソニックは2日間、出演者がしっかりとばらけた。



_______________________________________________

今日まで聞いていたCD



Ringleader of the TormentorsRingleader of the Tormentors
アーティスト:Morrissey
販売元:Attack
(2006-04-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


もうすぐ来日する彼であるが、実際にしっかりと聞いたことがなかった。
そもそも、ボーカルだけのアーティストに対して興味をいただくことが少ない。
というのは、歌い手だけをヒューチャーした音作りにたいして、面白いと思えないからだ。
だからこのアルバムを聴いたときもあまり興味は持てなかった。
でも、よく聞いてみると、音作りが深いのだ。
これが収穫だった。



AirwavesAirwaves
アーティスト:Badfinger
販売元:Permanent Press
(1999-06-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


古いしあまり馴染みがないため、あまり心に響かなかったのが本音。



柳亭市馬 名演集1 雛鍔(ひなつば)/お神酒徳利柳亭市馬 名演集1 雛鍔(ひなつば)/お神酒徳利
アーティスト:柳亭市馬
販売元:ポニーキャニオン
(2007-05-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


気のせいか、あまり面白いと思わなかった。
やはり市馬師匠は優しいお顔と美しい声がマッチするのだ。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 音楽 | 生活

March 27, 2012

3/27 (火) つかの間の休息

昨日、仕事を昼で片付けて実家に行く。
渋谷で買い物(お土産)を購入。
お袋が誕生日(過ぎてしまったが)なので、少し高めなチョコレート、そして親父にはワイン。

14時に現地につき、祖母のところへ。
少し話したつもりだが、結局トータルで1時間。
足が弱いということは動くことが億劫になり、外に出ない。
つまり、部屋に閉じこもるということ。
食事の間にまた間食をしてしまい、結果的に食事の量が減ってしまう。
悪いサイクルに入ってしまうのだ、老人ホームでは。

あとで聞いたが、親父も老人ホームに、もっと動けるように要望を出しているとのこと。
ただ、お金を受け取って人、それも老人を預かるというのは難しいということだ。

それに加えて、親父も足の付け根を炎症によって痛めて、杖を突いて歩いていた。
医者に行って改善の途中とのことだったが、その姿を見たときに、実はものすごいショックだった。
老い、自分もさることながら、親の老いにも向き合っていかなければいけないのだ。

おふくろの誕生日で、結婚式の写真アルバム(私のお手製)をプレゼントしたら、予想以上に驚いていた。

夜は痛飲。
飲むペースは全く変わっておらず安心。

体の疲労がとても蓄積していることを実感。
そして実家にいて、食べなれたご飯を食べて、体の芯から休めていることに感謝。

そして今日は昼から出社。
たくさんのお土産とともに帰途。

明日も休み。




_______________________________________________

最近読んだ本


BAND LIFE―バンドマン20人の音楽人生劇場独白インタビュー集BAND LIFE―バンドマン20人の音楽人生劇場独白インタビュー集
著者:吉田 豪
販売元:メディアックス
(2008-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


何気なく図書館で手にした本。
自分の世代より少しだけ上の、バンドで全盛を迎えた人たちのインタビュー。
人気は上がれば下がるわけで、その労苦を経験したインタビュー。
一概に言えるのは、それほどみなさん儲かっていないという事実、また、激動の毎日過ぎて、消化するのに時間がかかっていること、さらに、後悔をしている姿はあまり感じないというところ。
インタビューのまとめ方にやや不愉快なところはあるが、興味深いと言っておこう。



_______________________________________________

最近観たDVD


監督:ロバート・ベントン
出演者:ダスティン・ホフマン、 メリル・ストリープ、 ジャスティン・ヘンリー、 ジェーン・アレクサンダー、 ジョベス・ウィリアムズ
収録時間:105分
レンタル開始日:2001-10-26

Story
ダスティン・ホフマンとメリル・ストリープが共演し、アカデミー賞主要5部門を受賞した名作。結婚8年目にして妻に家出されてしまった仕事第一の男テッドが、翌日から家事や息子の面倒に追われる様子をコミカルに描くヒューマンドラマ。 (詳細はこちら


ストーリーとしてはそれほど面白くないテーマなのに、これがまたよくできている映画で、見ごたえ十分。
描いていることも細かく丁寧で、子役も含めてとてもうまい。
まあ、今とはまた時代も異なり、感性も異なるため、100%同意できるかといえばまた別であるが、これはこれで面白いと言っておこう。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(8)TrackBack(0) Clip to Evernote 映像 | 

March 23, 2012

3/23 (金) 雨、雨、あめ。

今日は急遽休みにした。
やらなければいけないことが山積していたから、そしてもともと休めていなかったから。

最近やったこと。

■自転車修理。タイヤをすべて新調して、ブレーキも改善。ホイールも修理。
割引してくれた(9,000円)というが、元の値段はいくらだろうか。

■ 水で濡らした図書館の本を弁償。
雨でうっかりとはいえ、だめなものはだめ。
きちんと弁償しました。

■ 新しい靴を買った。


とにかくこのブログに何か書くのが億劫な毎日。
でも、確実に鬱から脱却できているから、まあ、良しとするか。

■ フジロックのみつまた地域の宿も落選。
例年にないほどの混雑状況で、最悪の越後湯沢地域かテントか。
どちらにしても、状況はよくない。



_______________________________________________

今日まで聞いていたCD


To the 5 Boroughs (Dig)To the 5 Boroughs (Dig)
アーティスト:Beastie Boys
販売元:Capitol
(2004-06-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


大変な名作だとは知っていたが、自然に体が動いてしまうのはすごい。
こういう作風の音を好んで聞くようになるなんて自分でも驚き。


TorchesTorches
アーティスト:Foster the People
販売元:Sony
(2011-05-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


おなじみのアルバムだが、ヒットして、その作品を繰り返して聞くことはまれなので、よほど力強い作品と言えるだろう。
とても好きなアルバム。




_______________________________________________

最近まで読んでいた本

渋松対談 青盤渋松対談 青盤
著者:渋谷 陽一
販売元:ロッキングオン
(2011-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


買って、この対談の真相を知ってすぐには読めなかったが、時間が過ぎて読んでみると、やはり面白かった。
架空だからこその面白さ、そしてその面白さを認めている自分。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote  | 音楽

March 17, 2012

3/17 (土) 巨人は読売新聞で最悪の自己弁護をする。

まだ鬱状態を脱却できていない。
心が静かなのだが、静かな悲鳴を上げているのも事実。

夜にテレビ放送について鮮烈な批判を述べているブログを(きっかけは全く別から入ったのだが)読んで、自分の感覚と同じだと思い、安心したという感情がいいのだろうか。
でも、やはり、今自分がいる世界の違和感、価値観に対する反抗の感覚は大きくなったのは事実。
自分はどうあるべきか。

久しぶりに演劇に関する番組で見ごたえのある番組を観た。
教育テレビ(でなくてEテレビか)で今日放送された番組。

演劇特集 小さな劇場の大きな冒険 ~行定勲 現代演劇を観る〜

映画監督・行定勲が水先案内人となり紹介する演劇は、いま注目を集めている3つの劇団の最新作。福原充則・ベッド&メイキングス「墓場、女子高生」、高羽彩・タカハ劇団「ブスサーカス」、蓬莱竜太・モダンスイマーズ「ロマンサー」、3作品をハイライトシーンで紹介。閉塞的社会の中で、若い演劇人たちが何に関心を持ち、どう見つめ描こうとしているのか?行定勲が次代を担う若い演劇人たちと対話し、彼らのメッセージを伝える。

どの世界でもそうだが、努力している人間、新しいことを見出そうとしてる人間は輝いている。
そしてその洗練された舞台の映像は刺激的だった。
自分が演劇を観続けるのも納得できる、本能的なものだったことを自覚。
もっと観ないと。

夜は最悪の食事。
本当に死んでもいいと思ったし、今の生活を手放してもいいと思った。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Clip to Evernote 考えたこと | 生活

March 16, 2012

3/16 (金) 吉本 隆明 死去

鬱がひどく、自分が死ぬことを夢で何度も観てしまう。
こういう時にどうしたら救いになるのか、いろいろ考えてしまうが、この精神状態では実は何もしていない、停滞だけだということを客観的に見ている自分がいて、それはそれで面白いのだ。

人と話していると、運が向いている人と、そうでない人というのがはっきり分かれている気がするのだ。
何をしても前向きにとらえられる人と、すべてが負の方向に働く人と。
それは運命ととらえていいのかもしれないが、その運命には日ごろの行ないでも結果であるということだ。
至って当たり前なのだが、そう改めて思った。

最近本を読んでいないため、脳味噌が退化している気がして焦っている。
でも、本を読む時間を作れない。

伊豆の清水汲んできて冷蔵庫にて冷やしている。
飲んでみると、とてもおいしい。
逆に言えば、このお水を毎日普通に飲んでいる人とそうでない人。
明らかに幸福感は違うよな。

そう考えてみて、真面目に引っ越しを考えてみている。

とにかくすべてがチグハグ。
空回り。
_______________________________________________


今日まで聞いていたCD

TorchesTorches
アーティスト:Foster the People
販売元:Sony
(2011-05-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


定番の名作と言っていいだろう。
若いが音は深く、そして丁寧なつくり。
何度聞いても飽きないのがさすがで、彼らが取り上げられる理由だろう。


DecemberundergroundDecemberunderground
アーティスト:Afi
販売元:Interscope Records
(2006-06-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


彼の音をしばしば聞くが、今作は本当に驚いた。
聞きやすいわかりやすさ、特にメロディアスな展開に関心ばかり。
どの曲も非常に丁寧に作られていて、何度聞いても飽きないのがすごい。





hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(1) Clip to Evernote 音楽 | 生活