December 2013

December 26, 2013

12/26 (木) 冷たい雨。

部下を見ていて気づくこと。
自分の世界観を広げない人は、想像力がない人。
想像力がない人は、人のことを思いやれない人。
目の前の世界しかわからないし、そのほかについて気づけない。
悲しいが、事実。

夜、戦場のメリークリスマスを観に行きたかったが、無理だった。
こんな生活は終わっている。

職場に着いたら、右足の膝が真青。
交通事故の後遺症がこんな時に出た。
なんか痛いなと思ったのだ。


___________________________________________________

昨日まで読んでいた本

ナミヤ雑貨店の奇蹟
東野 圭吾
角川書店(角川グループパブリッシング)
2012-03-28



面白かったが、話ができすぎのような気もした。
本当に構成が見事で、わかりやすい。
ただ、ここまでわかりやすくしなくてもいいのでは、と思った。
こちらの想像力を働かせなくてもオハナシがわかるほどわかりやすい。
その違和感を最後まで払拭できずに最後まで終わった。
速読でもストーリーが簡単に頭に入ってしまう悲しさ。
そういう意味で、東野圭吾は、うまいのかなと感じた。
まあ、ヒットしますよ。




___________________________________________________

今日まで聞いていたCD


Weezer (Green Album)
Weezer
Interscope Records
2001-05-10



このアルバム、好きなんですよね。
彼らのことを何も知らないで観て、とても気に入った。
なんといえばいいのか、甘酸っぱい感じが好きなのです。





Live in Seattle 1981
Devo
Booji Boy Records
2013-05-14



タイトルの通り、1981年のライブ。
音がだいぶ荒いが、彼らのポテンシャルが出ていると思う。
生で観たい。生で観たい。
テレフォンズとか、日本でも多大な影響を与えているのがすごい。





Everything Everything
Underworld
Junior Boys Own
2000-09-04



何度も聞きたくなるほどの中毒性のあるアルバム。
素晴らしい作品です。
ライブ盤ながら、ベストともいえる。
アマゾンで調べてわかったが、今、売っていないのね。







hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(42)TrackBack(0) Clip to Evernote 音楽 | 

December 25, 2013

12/25 (水) おいしいリンゴをもらった

実家経由で祖母のいる老人ホームに。
足腰が弱っていて正月も実家に帰らないということで。
元気そうで何より。
植木鉢をプレゼント。

事故の相手側と話をして、物損事故で解決に。
安心した。

Bob Dylanの来日公演のチケットを購入。


___________________________________________________

今日まで聞いていたCD

Valtari
Sigur Ros
EMI
2012-05-28



本当に冬に染みるアルバムですな。
ただ、個人的にはあまり大好きではない。
暗いのだ。





Noel Gallagher's High Flying Birds
Noel High Flying Birds Gallagher
EMI
2011-10-18



確かにいいアルバム。
ただ、やっぱり彼はOASISだ。
彼の作曲能力の高さに脱帽。

でも、やはりOASISが観たい。




Live Forever: the Stanley Theatre Pittsburgh Pa Se
Bob Marley & The Wailers
Island
2011-03-17



生前最後のライブ。
映画をずいぶん観たためか、音源だけではいまいちのれない。
そのくらいドキュメンタリーの映画がよかったということか。


___________________________________________________

今日買ったCD
(忘備録)

Live from KCRW
Nick Cave & The Bad Seeds
Hostess Entertainment
2013-12-03



Greatest Hits -Deluxe-
Dido
Imports
2013-11-26












ビバ! ヒステリア【初回限定盤DVD+2CD/日本語字幕付】
デフ・レパード
ワードレコーズ
2013-10-09



hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(9)TrackBack(0) Clip to Evernote 音楽 | 生活

December 10, 2013

12/10 (火) 泥棒みたいなことしないと扉が開かないとき

1日振り返ってみて、平凡だが結構刺激的でもあった。

朝、自分の昇給の書類を朝8時30分に赤坂の本社に届けるとの指示。
むかつきました。
そして、これが1日の疲れと睡魔の原因になるとは思ってもいなかった。

久しぶりに冷たい雨。

怒って笑って怒って笑っての繰り返しのような気がした。

屋久島のツアー、やはり行きの飛行機が帰省ラッシュとぶつかり、満席と。
もちろん、差額を数千円出すとJALとかの飛行機に乗れる。
H.I.S.の女性スタッフは、何とかしてくれたが、提案してくれたのは、朝6時発。
前日まで仕事、忘年会。
いくら一之江駅から羽田空港まで直行のバスがあるとはいえ・・・。
ちなみに、このツアー(というか行程)、1日目は純粋に移動だけなんですけれどね。
8時に鹿児島につき、12時から屋久島に移動。
13時に着いてしまう。。。
ツアーの費用は、はっきり言いまして、10万円を超えました。
高い・・・

帰宅、ドアのストッパー(外部の人が来た時に、扉が全開にならないようにするやつね)がひっかかって扉があかない。
原因はA。
軽くパニックになることもなく、冷静に自分の運命を悲しんだ。
私以上に冷静なAは、スマートフォンから開け方を現す動画を探し出す。
幸いにもローソン100円ショップが近所のため、ビニルのひもを購入、簡単に開けられる。
費用:105円なり。
でも、脚立を借りてバルコニーから侵入する、車のカギを何とか引きずり出して実家に向かうなど最悪なことを想定していたので、無事で助かる。

悔しいから久しぶりにお風呂に湯を入れてしっかりと浸かった。

明日から職場での合宿のような忘年会的な2日間がある。
品川プリンスホテルでの宿泊だが、全力で嫌だ。
どうしよう。



___________________________________________________

今日まで聞いてたCD

Help! (British)
The Beatles
Capitol
1991-07-20



はっきり言って今回のポールの来日がなければ、ビートルズのアルバムをまともに聞くことはなかったと思う。
それほど広く知られていて、当たり前すぎて、聞きすぎて、もういいかなと思っていた。
巷で流れているビートルズは、自分にとってはそんなもんです。

だからこそ、ポールの奏でる音に直面してから、初めて自分とビートルズと向かい合った形なのだ。
そんな中で、実は一番感動したのは、Yesterdayなのだ。
一番平凡な気がしたが、一番感動したのだ。

そしてこのアルバム。
大変素晴らしい。
これだ粒がそろっている作品はそれほど出会えないと思う。

多くの人にとっては当たり前かもしれないが、自分にとっては素晴らしい対面であり、感動の享受なのだ。



自分がまさに体験したポールの映像です。


Soup
Beautiful South
Universal Int'l
2008-01-31



このアルバムは、レコファンでジャケット買いした作品。
とてもシンプルで聞きやすく、どの曲も美しい。
もう活動停止してしまったが、ぜひ、生で観たい。




We Are the Night
Chemical Brothers
Astralwerks
2007-07-17



このアルバム好きなんですよね。
何度も聞いてしまう。
今、考えてみると、彼らの源は、このアルバムからもあると思う。


自分の初体験であり、自分の人生に多大な影響を与えた瞬間。


落語名人会(38)〜柳家小三治14 味噌蔵/小言念仏
柳家小三治
ソニーレコード
1996-07-21



何度か聞いたことがあるので新鮮味はないが、面白い。


hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活 | 音楽

December 08, 2013

12/ 8 (日) もうクリスマス、年末

もう1年が終わろうとしているが、自分は何も成長していないなと考えてしまう。
何とかしたいと思っているが、思っているだけなんて。

やることは同じ。

やっと休みなんだけれど、精神的にも肉体的にも休息がほしがっている。


___________________________________________________

今日まで聞いていたCD

Skying
Horrors
Hostess Entertainment
2011-07-12



Strange House
Horrors
Stolen Transmission
2007-05-15



このホラーズの2作品。
個人的には1stと2ndとの作風の違いには驚いたが、圧倒的には2ndがお気に入り。
繰り返して聞いてしまった。


Enemy of the Enemy
Asian Dub Foundation
Labels
2002-12-17



フェスで体験、2回。
とても素晴らしい作品です。
最近、日本でも来日公演があったが、またフジロックフェスティバルで観たいな。



落語名人会(38)〜柳家小三治14 味噌蔵/小言念仏
柳家小三治
ソニーレコード
1996-07-21



実はこの噺は知らなかったが、大爆笑。
特に、豆腐屋さんを「カラ屋」と呼んでいたとわかるシーンは特にね。
最近落語、生で観ていないな。

hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 音楽 | 考えたこと

December 04, 2013

12/ 4 (水) 観劇 城山羊の会『身の引きしまる思い』三鷹市芸術文化センター

Rolling Stones 来日決定!!
全部行くつもりです。






『身の引きしまる思い』三鷹市芸術文化センター

minohiki_top


 例えば、わたしたちを取り巻く、これほどによくない状況であるのに、それでも正しいことを言ったり、立派な行いをしたりする人がいて、そういう存在を知るにつけ、身の引きしまる思いがします、などと言います。あるいは、悦子さんはわたしのことを好きで信頼しているとずっと思っていたのにある日突然、「あたし、君のこと好きでもないし、信頼もしていない」と言われてしまい、身の引きしまる思いがした、などとも言います。言いません。
 前回の『効率の優先』では会社(オフィス)を、その前の『あの山の稜線が崩れてゆく』では親子関係をずいぶんと屈折した、いわば猫背な形で描きました。それはわたくしがひどく猫背だからでもあるのですが、今回はそこに着目し、思い切って背筋を伸ばし襟を正し、まさに身の引きしまる思いのする内容にしたいと思っております。回を追う毎に発展している城山羊の会、みなさま、どうぞご期待くださいませ。



演劇でないとできない作品。
気持ちが揺さぶられて、とても気持ちのいいストーリーではない。
感情移入してしまうと危険。
でも、その空間をとても楽しむことができた。

青年団の演出よりももっと、もっと会話の間が空いていて、緊張感と心地よさはより快楽につながった演出。

でも、ドロドロしていく感じ、ドツボにはまっていく感じはどんどんのめりこんでしまった。

演者がどの方も巧みすぎた。
ほめているのです。

自分が演劇、しかも小演劇を観劇することになったKONTA。
演劇企画集団THE ガジラの公演。

ただ、今回の作品は、客寄せとしてのKONTAの出演なのだろうが、個人的には空気感を破壊しているような気がしてならない。
緊張感が途切れるというか。

でも、それも演出なのではないかというほどよくできていた。
ハッピーエンドでは終わりません、もちろん。

幸せな三鷹の駅の周りのイルミネーションと対象に、心は乱れたまま。
大満足です。


___________________________________________________

今日まで聞いていたCD


Sonic Nurse
Sonic Youth
Geffen Records
2004-06-03



彼らのアルバムは以前聞いたことがあるが、久しぶり。
このアルバム、はまりました。
クールなんだけれど、よく考えられている。
今となっては幻となってしまった彼ら。






Skying
Horrors
Hostess Entertainment
2011-07-12



最近どっぷりとはまっていたアルバム。
この世界観、昔から好きだが、今も改めて病気のように取りつかれた。
こういう音、自分では作り出せないだろうな。






Heligoland
Massive Attack
Virgin Records Us
2010-02-04



ずっとダウンロードしていて聞いていなかったが、じっくり聞いてこんなクールな音を出しているとは思わず、久しぶりに繰り返して聞いてしまった。
なんだろう、余裕というか、じっくり練られたアルバムに声も出ない。
生で観たいです。




hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(248)TrackBack(0) Clip to Evernote 演劇 | 音楽