February 2014

February 18, 2014

2/18 (火) あと引越しまで1か月か

近況を。

まずは雪ばかりで・・・
年末に屋久島に行ってから、はっきり言えば雪が怖くなった。

ついでに体調不良。
これは酒の飲みすぎ。
昨日は完全休肝日にした。
そしたら、頭痛が出てきた。
体の悪いものがすべて出てきそうなほど血管の中の血の巡りがよくなった。

ついでに、フジロックフェスティバル、早割、抽選外れる。
でも、ウィルコ ジョンソンは当たりました。

そんな今日は寒い一日。


___________________________________________________

今日まで聞いていたCD

Circuital
My Morning Jacket
Ato Records
2011-05-31



My Morning Jacket初体験のアルバム。
これほど佳作なアルバムもないだろう。
大きな大地と繊細さを感じさせる音。
たまりません。




Live 93 - Double CD
The Velvet Underground
Sire / London/Rhino
1993-11-16



評価はさることながら、自分は高校時代に一番親しんだ音。
Lou Reedの生き方、声、音はこのアルバムから吸収した。
まずは。








hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(461)TrackBack(0) Clip to Evernote 考えたこと | 音楽

February 05, 2014

2/ 5 (水) 立春を過ぎ春が近づいておりますが。

仕事は繁忙期なのだが、今日は絶対に休もうと思った。
精神衛生上。
そして寝坊する喜び。
気持ちがリフレッシュ。

昨日の雪と異なり、いい天気。


TOWER OF POWER来日決定!!
ビルボードにて、5月!!



引っ越し日決定。
3月19日(水)
Wilko Johnsonの追加公演の二日後。

体と心が本当に休息を望んでいる。


___________________________________________________

今日観たDVD

監督:黒澤明
出演者:三船敏郎、 志村喬、 清水元、 河村黎吉
収録時間:122分
レンタル開始日:2004-04-09

Story
日本映画に刑事もののジャンルを確立させた記念すべき作品。拳銃を奪われた新米刑事がベテラン刑事と共に、その拳銃で殺人を続ける犯罪者を追いつめる。戦後社会の猥雑な風景と灼熱の陽射しがエネルギーを感じさせる。 (詳細はこちら


当然、古い映画であるが、白黒であるが、美しい。
戦後の空気感と、独特のリズム感。
今と違うコミュニケーションの取り方を見ると、戦後と今でまったく違う時代なのだと痛切に思う。
最後のシーンでのピアノの音、歌い声、素晴らしい。


監督:セドリック・カーン
出演者:ギョーム・カネ、 レイラ・ベクティ、 スリマン・ケタビ、 ブリジット・シイ
収録時間:111分
レンタル開始日:2013-10-02

Story
『チャーリーとパパの飛行機』のセドリック・カーン監督が『プレイヤー』のギョーム・カネ主演で描く感動ドラマ。コックのヤンとシングルマザーのウェイトレス・ナディアはレストランを開店しようと資金集めに奔走するが、多重債務者となってしまい…。 (詳細はこちら


フランス映画の雰囲気、空気感は本当に好き。
この映画もそう。






hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(561)TrackBack(0) Clip to Evernote 映像 | 音楽

February 04, 2014

2/ 4 (火) 雪

雪が降った。
寒いが、立春でもうすぐ春なんだという空気も。
毎日が仕事で埋没しそうな毎日。
いろいろな人との出会いもあり。

社内監査が入る。
何もなし。
そりゃそうだ。
___________________________________________________

今日まで聞いていたアルバム


rewind BEST-2(2005→2001)
capsule
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
2013-03-06



rewind BEST-1(2012→2006)
capsule
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
2013-03-06



職場の同僚からすすめられたcapsule。
昨年、Pefumeを生で観られて、その破壊力にびっくりした。
完成度の高さもさることながら、文化として担っていることにびっくり。










彼らのことは好きだが、このライブ盤はレベルが低いと思う。
Amazonでは非常に評価が高いが、アレンジ、あと音質の低さに戸惑う。
うーん。
何度聞いても好きになれない。





Live at Legends
Buddy Guy
RCA
2012-12-18



フジロックで観たときに、とても楽しみにしていたが、彼のライブはエンターテイメントとして完成されているのに少しがっかりした。
バンドが演奏時間によってうまく編成されており、いわば彼を称える流れになっている。
なんというか、彼がどれだけ手を抜いても、それはそれでライブとしては完成になってしまう。
下手ではないが、往年の名プレイヤーという感じがして、現役感が低い気がしたのだ。
悪くはないのだけれど。
このライブ盤も同様の気持ち。
悪くないが、また聞こうと思わない。
生で観てしまったからかな。


まさかのウドーフェス。
伝説の。


Tour De France (Remastered)
Kraftwerk
Mute
2009-08-20



昨年に生で観て、自分の人生にどれだけ影響とインパクトを与えたか計り知れないアルバム。




Forgiveness Rock Record
Broken Social Scene
Arts & Crafts
2010-05-04



何年か前にフジロックで来て、自分はステージを観ていないのだが、総集編を見てノックダウンされて、全てのアルバムを買った。
何度聞いても素晴らしい。



hasegawa_takeshi at 23:59|PermalinkComments(48)TrackBack(0) Clip to Evernote 生活 | 音楽