May 29, 2013

5/29 (水) イキウメ「獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)」@シアタートラム

久しぶりの更新。
怠けたら怠けきってしまう。

行きたくなかったが、やることが多くて職場に午前中のみ。
相変わらず旧態依然の考え方で動く人間に腹が立つ。
ということは自分もか。

結局午後2時まで出社。
その後、神田の大勝軒。
今日はうまく感じなかった。
これまた自分が悪いからだ。
そう考えるようにする。

ストレスが過大になっていて、もう、鬱を通り越して、いつか気持ちよく死ねたらなんて考えるようになってしまっている自分。
どこか無性に旅に行きたくなっていた。
今週は休みなしだから余計に。

ということで、朝からなんとなく思っていた「ほったらかし温泉」に。
勝沼まで車を飛ばした。

もっと雨が降ると期待して朝から車で移動したが、自分の決断をほめてくれているかのように、晴れてきた。
空は雲が厚いが、でもおひさまが出てきたことが今日のハイライト。

お風呂は最高だったが、同時に、今日の夜の観劇をあきらめていた自分に対して、「頑張れば行けるのではないか」という自分が。

鬱を通り越して精神衛生がよくないが、一つだけいいこと。
それは絶対に遅刻しないのだ。
感覚で移動しても、絶対に間に合う。
イベント、会議、なんでも。
いつか、事故が起こるのではないかと思うほど、絶対に遅れない。
遅く出ても、体が「このくらい急げば間に合うかも」と動いて、きちんと間に合うのだ。

そんな感じで勝沼を出たら、今日の観劇の開演時間が19時30分(通常よりも30分遅い)と知り、間に合うことを確信。
急ぐ。



イキウメ「獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)」終了
@三軒茶屋シアタートラム



DSC_2218


2008年。アマチュア天文家の二階堂は小さな隕石を拾う。
その隕石は見る者を夢中にさせ、思考を奪い、恐ろしいほどの幸福感をもたらした。

それから一年後、あらゆる都市に巨大な柱が降り注いだ。
柱は人々にあきれるほどの祝福を与え、静寂のうちに支配した。

2096年。高知県。山間の町、風輪町。
柱によって世界は大きく変わった_。

『まとめ*図書館的人生』の下巻は客演に池田成志を迎え、
08年上演の短篇「瞬きさせない宇宙の幸福」をエピソードの一つに含むSF年代記を、
フルスケールでおおくりします。

[作・演出] 前川知大

[出演] 浜田信也/盛隆二/岩本幸子/伊勢佳世/森下創/大窪人衛/加茂杏子 /安井順平/池田成志



イキウメ、好きなんです。
「太陽」を観て以来、ノックアウトされて以来、すべて観ている。
どの作品も素晴らしいと思う。

今回の図書館的人生の上巻の方は、仕事終わりで少し寝てしまったことがいまだに後悔していること。
だからこそ、今日は気合が入っていた。

前川知大の作品は、SFが多い。
でも、根源的なテーマが多い。
差別、人種、宗教、人間。
直接的でないが、結論が出せるのだろうかと思わせるテーマが多い。

今回も盛りだくさんで、ボリュームいっぱい。
テレビの2時間ドラマを2回か3回ほど観たのではないかという満足感。

2つの時代を行ったりきたり。
とても面白かった。
彼らの個性がぶつかり合い、照明、セット、そして自分の感性に応える音楽、すべてが見事に調和していた。

なんといっても、最後のトリプルコールがその満足度を象徴していた。
久しぶりです。

彼らの作品を観ていると、演者の彼らと同じ時代を生き、年を取っていくのも悪くないなと思えるのです。


帰りは車なので、三軒茶屋から一之江までが20分だったことに驚き。


hasegawa_takeshi at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) Clip to Evernote 演劇 | 生活

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔